世田谷区│世田谷通りおおさわ眼科│アレルギー性結膜炎・花粉症

文字サイズ

世田谷通り おおさわ眼科

世田谷区桜丘3-26-4 2階 03-3429-1010
目

アレルギー性結膜炎・花粉症

世田谷区│世田谷通りおおさわ眼科│アレルギー性結膜炎・花粉症

おおさわ眼科

世田谷区桜丘3-26-4 2階 03-3429-1010
目

アレルギー性結膜炎・花粉症

ライン

アレルギー性結膜炎とは

花粉

アレルギー性結膜炎とは、アレルギー反応により、目の痒みや異物感などが起こる疾患です。アレルギーは、外部から体内に異物が入ってきた際に生じる免疫反応の一つですが、本来的には無害なものに対して体が過剰に反応した状態を指します。日本人の15~20%程度がアレルギー性結膜炎に罹っていると言われており、その多くは(約85%)花粉症による目の症状(花粉性アレルギー性結膜炎)と推定されています。

アレルギー性結膜炎のいろいろ

アレルギー性結膜炎には、花粉が原因となる「季節性アレルギー性結膜炎」、1年じゅう身近に存在するハウスダストなどが原因となる「通年性アレルギー性結膜炎」、また春から夏にかけて症状が悪化する「春季カタル」などがあります。春季カタルの原因としては、ハウスダスト、花粉、ペットの毛、コンタクトレンズなどが挙げられます。

アレルギー性結膜炎の主な症状

アレルギー性結膜炎の代表的な自覚症状としては、「目が痒い」「目がゴロゴロする」「目ヤニが多い」などがあります。程度の差こそあれ、一般に両目に症状が生じることもアレルギー性結膜炎の特徴です。 季節性アレルギー性結膜炎では、毎年決まった時期に目の痒みなどの症状が現れます。ほとんどはスギやヒノキなどの花粉が原因で、この患者の約7割が「アレルギー性鼻炎」を併発すると言われます。通年性アレルギー性結膜炎では、ハウスダストなどの原因物質が1年を通して存在するため、症状に季節性はみられず、慢性化しやすい傾向があります。春季カタルでは、目の痒みや充血、痛み、まぶたのむくみ、異物感、大量の目ヤニなどが見られ、くしゃみや鼻水を伴うケースもあります。幼稚園児や小学生男子に多く発症しますが、症状の多くは大人になると落ち着いてきます。
目にアレルギー症状を覚えたら、まずは眼科を受診し、正しい診断を受けましょう。

アレルギー性結膜炎の治療

アレルギー性結膜炎の治療は、抗アレルギー薬などによる薬物療法が主体となります。
通常、最初に抗アレルギー点眼薬を使用し、それでも改善しない場合はステロイド点眼薬を用います。なおも症状が治まらずに日常生活や仕事に差し支える場合は、抗アレルギー薬を内服することもあります。重症のアレルギー性結膜炎である春季カタルに対しても基本的には同じ治療が行われますが、症状が改善しないようなら免疫抑制薬(臓器移植の際に拒絶反応を抑える薬)の点眼を用いることもあります。
なお、季節性アレルギー性結膜炎(花粉症)については、花粉の飛散が始まる2週間くらい前から抗アレルギー点眼薬の投与を開始すると、より効果的と言われます。
以上の治療法は、いずれも症状を抑えるための対症療法ですが、これに対してアレルギーのもとを抑える原因療法としては、減感作療法があります。減感作療法は、検査によって原因(アレルゲン)がわかっている患者様に対し、その抗原を低い濃度から高い濃度まで十分な時間をかけて繰り返し注射することによって、体が反応しないように徐々に慣らしていく治療法です。

花粉症の市販薬と医療用の違い

近年は薬局でも販売されております花粉症治療薬は、メーカーにより効果の強さや用法、眠気、喉の渇き具合などが違いますが、 ほとんどは第2世代の抗ヒスタミンが主だった成分となっております。

医療用として処方しているお薬も、副作用の少ない第2世代の抗ヒスタミンを含む内服薬を処方することが多くなりますが、 鼻づまりや目のかゆみが強いなどの症状がみられる場合は、点眼薬、点鼻薬による治療を行うことが可能です。 花粉症の症状がかなり辛い方や、市販薬で症状が改善しない場合にも、クリニックにて受診されるのをお勧めいたします。

アレルギー性結膜炎のセルフケア

アレルギー性結膜炎の諸症状は、アレルギーの原因(アレルゲン)と接触しないように工夫することで軽減することができます。花粉などの季節性のアレルゲンなら、花粉が飛ぶ季節には、花粉になるべく接しないようにします。外出時には、ゴーグル型のメガネや花粉防止用のマスクを着用するのがとても効果的です。洗濯物は外に干さない、外出から帰った際は服に付着した花粉をよく払い、洗顔やうがいなどで体から花粉を除く、人工涙液を点眼して花粉を洗い流す、といった対策もあります。ハウスダストなどの通年性のアレルゲンについては、部屋の清潔を心がけたり、寝具を干したりするのが効果的です。なお、ペットを屋内で飼うのは避けたほうが良いでしょう。アレルギー症状がひどい時期には、コンタクトレンズの使用を控えましょう。